狭山市の内科・消化器内科・外科・小児科・内視鏡検査なら

〒350-1305
埼玉県狭山市入間川3-3-5
04-2952-2026
●内科 ●消化器内科 ●外科 ●小児科

診療案内

  • 院長BLOG 入間川徒然備忘録
  • 安斎医院公式 facebookページ
  • ドクターズファイル安齋博雅院長 医療法人安斎医院(狭山市/狭山市)
HOME»  診療案内

特色とする治療法など

通常の一般内科に加え、

①各種健康診断

②胃カメラ

③予防接種

④小児科

⑤整形外科(火曜日のみ)

などを行っています。

内科

当院では、地域の皆様の健康のパートナーとして、健康全般に関する支援をいたします。
風邪やインフルエンザから生活習慣病まで、まずはお気軽に当院にご相談ください。

生活習慣病の病気

糖尿病

糖尿病は、食事で摂った糖をエネルギーに変えるときに必要なホルモンであるインスリンの異常から起こる病気です。インスリンの産生や分泌が不足したり、インスリンが十分に働かなくなると、血液の中にブドウ糖が溜まり糖尿病の状態となります。

糖尿病を放置しておくと、網膜症、腎症、神経障害などの合併症が起こります。食事療法や運動療法、薬物療法などをきちんと行い、血糖値をうまくコントロールして合併症を防ぐことが重要です。

脂質異常症(従来の高脂血症)

脂質異常症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態をいいます。
長く続くと動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、 閉塞性動脈硬化症などの病気を起こします。

消化器内科

延べ6000件以上の経鼻内視鏡検査実績のある医師があなたのお悩みに対応します。

≫内視鏡検査に関して詳しくはこちら

生活習慣病の病気

胃炎

急性胃炎は、消化器の病気の中でもっとも多いもののひとつです。胃壁の粘膜に急性の炎症やただれが起こり、腹痛などが起こります。

慢性胃炎は、胃の粘膜に慢性の炎症が認められる場合をいい、一般的には慢性の胃の症状があっても、腫瘍やガンなど特別な病気のない胃の炎症を指します。この病気には固有の症状がないのが特徴で、ほとんどすべての人にあるといわれるほど多い病気です。原因は急性・慢性によって様々ですが、年齢を重ねるにつれて見られる一種の加齢現象ともいわれています。また不規則な食事や不摂生をしている人にもよく見られます。

過敏性腸症候群

日本人の約1~2割にみられるといわれる非常にポピュラーな病気です。
医学的には、こうした症状が「1年のうち12週間以上つづく場合」と決まっていますが、通勤や外出に差し障るようになれば、過敏性腸症候群の可能性が高いでしょう。
通勤途中、電車を降りてトイレに駆け込むことがよくあるとか、おなかの調子が心配で、外出する気になれないという人は、この病気を疑ってください。過敏性腸症候群は、「検査をしても異常がない」ことが特徴ですが、おもな原因はストレスです。ストレスによって自律神経が乱れ、腹痛や下痢、便秘の症状を引き起こすのですが、一度症状がでるようになると、「またおなかが痛くなったらどうしよう?」という不安がストレスとなり、新たな症状を引き起こしてしまいます。

小児科

地域の皆様のニーズにお答えして、軽症の小児科治療を積極的に行っております。
風邪などを中心として初期治療に加え、インフルエンザワクチン接種も行っております。

特定健診

医療保険に加入している40~74歳のすべての方を対象に特定保健指導が実施する健診です。
病気になってからの治療ではなく「病気の予防」が最も重要。
健診結果から、メタボリックシンドロームのリスクを勘案し特定保健指導が行われます。

在宅医療

現在は新規受付を中止しております。

PAGE TOP